1. HOME
  2. 業界ニュースTOP
  3. 大型モバイルコンクリート3Dプリンターを販売開始 ― プツマイスター社

大型モバイルコンクリート3Dプリンターを販売開始 ― プツマイスター社

建設用モバイル3Dプリンター「KARLOS(カーロス)」

ドイツの建設機械メーカーのプツマイスターが、大型モバイルコンクリート3Dプリンター「カーロス」の販売を開始した。同社は1958年設立の建設機械メーカーで、コンクリートポンプ車を中心に、コンクリート・モルタル作業用機械などを製造販売している。チェルノブイリや福島の原子力発電所事故の際には、同社の機械が緊急対応に貢献するなど、実績も多い。(上部画像は大型モバイルコンクリート3Dプリンター「カーロス」出典:プツマイスター社)

生コン施工車両をベースに開発した「カーロス」

プツマイスター社がこれまでのコンクリートポンプ車の製造ノウハウをもとに、今回開発したのが大型モバイルコンクリート3Dプリンター「カーロス」である。「カーロス」は型枠にコンクリートを流し込むのではなく、ノズルを立体的に操作して構造物を現地で製造することができるため、従来の建設手法に比べて、コンクリート壁の建設時間を大幅に短縮する。レイヤー積層方式を採用し、最大30cmの幅と6cmの高さでプリントが可能で、プリント速度は秒速10cmに達する。プリント範囲は26mということだ。

「カーロス」で作製したコンクリート壁
「カーロス」で作製したコンクリート壁(出典:プツマイスター社)

サステナビリティへの対応

「カーロス」はEV車両ということでプリントも電力のみで行う。建設現場でのCO₂排出量を削減するだけでなく、CO₂排出量を低減したコンクリート配合を使用することも可能だ。最大粒径8mmの標準コンクリートを使用できるため、生産プロセスの経済性にも優れているといえる。

建設業界の関連記事

今回のニュースに関連するものとして、これまでShareLab NEWSが発表してきた記事の中から3つピックアップして紹介する。ぜひあわせてご覧いただきたい。

国内外の3DプリンターおよびAM(アディティブマニュファクチャリング)に関するニュースや最新事例などの情報発信を行っている日本最大級のバーティカルメディアの編集部。

資料ダウンロード 3Dプリンティング国内最新動向レポート

サイト内検索

関連記事


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'render_load_icon_html_after_footer' not found or invalid function name in /home/xs520442/sharelab.jp/public_html/news/wp-includes/class-wp-hook.php on line 303