1. HOME
  2. ブログ
  3. AMスタートアップ企業Confluxの創業秘話ーAM VenturesのSimon氏が紹介する

AMスタートアップ企業Confluxの創業秘話ーAM VenturesのSimon氏が紹介する

今年の3月に一億円規模の新たなファンドを立ち上げたAMに特化したベンチャーキャピタル AM Ventures。今回は彼らのポートフォリオを構成する一社でもあるスタートアップ、ベンチャー企業Conflux Technology社(以下、Conflux)の創業と成長秘話をお伝えすべく、AM Venturesのアジアパシフィックリージョン担当Lee, Sangmin (以下、Simon)とConflux社の創業者Michael Fuller(以下、Michael)のインタビュー内容をShareLab Newsがお伝えする。まずは本題に入る前に、簡単にConfluxと創業者のMichaelについてご紹介する。

AM産業における熱技術のパイオニア企業、それがConfluxである。 モータースポーツ、航空宇宙、防衛、自動車、石油・ガス、電子工業など、多くの産業で特注の熱交換器を設計してきた。 プリクーラー、チャージエアクーラー、オイルウォーター、コールドプレートマイクロエレクトロニクスクーラー、補助クーラー、インバーター/モータークーラー、さらには産業機器用のエアドライヤーなど、さまざまな用途のために開発をしてきた。

Confluxは創業者のMichaelはヨーロッパのモータースポーツ産業のシニアエンジニアとして15年以上を経て、Michaelはフォーミュラ・ワン(F1)、世界ラリー選手権、ル・マンの試作車のデザイナーを務めていた。

フォーミュラ・ワン(F1)のイノベーティブな職場で働き、熱交換器の性能の制約を経験したMichaelは、熱交換器の設計と性能を根本的に変えるために、金属AM(アディティブ・マニュファクチャリング)の初期の技術を利用する概念を考案した。そしてConfluxは、Michaelが率いる3人の創立者によって2017年に設立された。現在、Confluxは、多くの産業と用途にわたって、熱伝達と添加剤製造の限界を押し広げ、AM技術に特有の部品形状を設計・製造している。

以下、AM VenturesのSimonとConfluxのMichaelのインタビュー記録を読んでいただくと、Confluxのスタートアップとして起業の経緯により興味が湧くだろう。

Lee, Simon (Sangmin), アジア地域局長
AM ventures, アジア地域局長 Simon
Michael Fuller
Conflux, Founder & CEO Michael Fuller

Simon: スタートアップとしてConflux社を立ち上げるアイデアは、どのようにして得られたんですか。

Michael: 私は、自分のキャリアの多くの時間において熱伝達効率を改善することに挑戦してきました。また、欧州のモータースポーツ産業で働いていたため、AMへの「アーリーアダプター」の群中にいました。 そんな中で「ペインポイント=弱点」を知り、ソリューションを可能にする技術で経験を積むことが、Conflux社のような創造的な解決策を生み出すための豊かな土台となりました。

Simon: Confluxを起業した際の最初のステップは何でしたか? 

Michael: 最初のステップは、設計コンセプトを頭から取り出し、CADに入り、サービス・ビューローと協力して実際に設計できるかどうかを調べることでした。 設計→造形失敗→再設計の繰り返しで、完成した部品が製作されました。そして、ターゲット市場の条件に合うように設計を修正することが重要でした。この非公開情報(=ターゲット市場の条件)は、潜在的な顧客から引き出すのは難しかったです。なんとか、F1チームから性能テストマップを得ることに成功し、これが最初の開発作業の基礎となりました。

潜在的な性能が確立した段階で、私は事業を登録し、特許を起草し、評判の良い特許事務所に提出してもらい、事業計画の具体化に着手しました。 私は当初、ビジネス運営の知識と経験に欠けていました。 しかし経験と挑戦心を持ち合わせた少数の人が、私のクレイジーなアイデアに乗ってくれました。 こうして、私の知識と経験のギャップは埋まりました。 当時時点で私たちの計画には、かなりの金額の支出が見込まれており、それが戦略的投資家を探す必要がありAM Venturesと出会うきっかけになりました。 

Confluxがデザインした熱交換器

Simon:実際どのようにしてAMベンチャーズに出会い、なぜ私たちを選んだんですか?

Michael: AM VenturesのマネージングパートナーArno Held氏(以下、Arno)は、私たちが投資を積極的に求めていたはるか前から、AMと熱交換の将来に関するインタビューの記録を読んでいたようです。 彼は手を差し伸べて、私にいくつかの提案と励ましをくれました。

おおよそ1年後、私が自分で用意したピッチの場で、Arnoは最初に手を差し伸べた人でした。 当時、AM分野の投資分野で多くの活動がありましたが、基礎技術について深い理解を提供することができたのはAM Venturesだけでした。彼らのコア・コンピタンスに惹かれ、私はすぐに飛行機に乗り込んで、彼らに、私たちConfluxが何を築いているのかを見るために、実際にここオーストラリアのthe Great Ocean Road(オーストラリア南東の幹線道路)を通ってConflus社まで来てくれるようにと説得をしました。

AM Venrtures マネージングパートナー Arno G. Held

Simon: これまでのスタートアップ企業としての歴史を振り返ると、どのような実績、機会・課題がありましたか?

Michael:
実績としては、

  • このような素晴らしいチームを獲得したことは驚くべきことでした。引き続き企業文化を育み、強化するための定期的なワークショップを実施しています。 
  • 初受注! すべての受注は等しく大変ですが、やはり最初の受注は重要なマイルストーンでした。
  • 世界的に重要な問題に世界レベルの解決策を提供し、顧客満足を実現しています。

機会/課題としては、

  • ビジネスを立ち上げるタイミングは、その成功にとって重要です。AMがイネーブリングテクノロジーであり、急速に成熟していることから、適切なタイミングで優れた投資判断を下すことは重要な課題でした。しかし、AM Venturesと協力することで、これらのリスクは軽減されます。

Simon: 10年後の製造業はどのようになっていますか。 そして、今後のAMの役割は何だと思いますか。 

Michael: 製造業は極めて速いスピードで発展しており、10年後にはどこになるのか予測しにくいです。 自動化された高精度の機械と組み合わせたテレメトリックデータや解析技術を駆使した変化率を見ると、製造の進歩の加速を表す曲線が描けます。そんな中でAMは、これらの重要な特性をすべて備え、将来においても継続的に活用され、当然のような社会的基盤に組み込まれるプラットフォーム技術です。

Simon: AM分野におけるアジア市場の洞察を伺えますか?

Michael: 投資、投資、投資…人に投資! AMのようなプラットフォーム技術は、人間の創造力が無ければ、まだ役に立ちません。 魅力的なアプリケーション開発には、非難がない文化にのみうまれる怖いもの知らずさが組み合わされた、最初の原理工学的思考が必要です。アジア、アメリカ、EU、アフリカ、オーストラリアなど世界中の市場は、この怖いもの知らずの創造力とそれに対抗する怖いもの知らずの投資の育成を通じて恩恵を受けるでしょう。


本記事やConflux、AM Venturesに関するお問い合わせは以下のShareLabお問い合わせフォームからご入力ください。

Lee, Simon (Sangmin), AM Venturesアジア地域局長


Lee, Sangmin (Simon),
AM Ventures アジア地域局長
simon.lee@amventures.com
www.amventures.com

AM Ventures logo

関連情報

関連記事