1. HOME
  2. ブログ
  3. 【2020年最新版】3Dプリンター用のSTLデータを無料ダウンロードできる海外サイト5選

【2020年最新版】3Dプリンター用のSTLデータを無料ダウンロードできる海外サイト5選

ここ最近、コロナウィルス対策の一環として、フェイスガードやドアオープナーのSTLデータを提供する企業をテレビのニュースなどで目にする。そこで今回の記事では、Sharelab(シェアラボ)編集部も注目している、3Dプリンター用のSTLデータのダウンロードが可能な海外サイトを紹介していこうと思う。(アイキャッチ画像はFree3Dサイトのキャプチャ)

* * *

1.圧倒的なデザイン数!ホビー系から実用的なインテリア系まで

Thingiverse

引用元のサイト:Thingiverse

Thingiverseは、3Dプリンター用のデザインデータを無料で提供するサイトの中でも1番知られているのではないだろうか。提供するデザインは210万以上におよび他サイトのデザイン数を圧倒的に上回る。ジャンルとしては遊び心溢れるホビー系やガジェット系のデザインに加え、実用的なデザインまで幅広い。また、2020年3月にリニューアルしたサイトは、デザインをよりシンプルにしたことで、作品の閲覧性とサイトの操作性の大幅な向上を実現させ、非常に使いやすいサイトとなっている。

2.さまざまなタイプのデータあり!あらゆる3Dプリンタ―に対応

cgtrader

引用元のサイト:cgtrader

cgtraderは3Dデザインのダウンロードに加えて、自身で作成したデザインを売ることもできる。3Dプリンターで製造が可能なデザイン数は23万程度であるが、データはSTLに限らず、あらゆる3Dプリンターでの製造に対応できるように、さまざまなタイプのデータを提供しているのも一つの特長である。

また、大半のデザインは無料で手に入るが、有料のデータも数多く存在している。ジャンルは家具のように実用的なデザインよりも、ホビー系が多い印象を受ける。自身で作成した自慢のデザインを販売してみてはいかがだろうか。

3.ゲームやアニメキャラが好きな人向け

MyMiniFactory

引用元のサイト:MyMiniFactory

MyMiniFactoryも、上述のcgtraderと同様に20万ほどの3Dプリンター用のデザインを提供している。大きな特長としては、ゲームやアニメキャラクターに力を入れているところだ。プロのデザイナーによって、ディテールに至るまで精巧に作られたデザインを無料でダウンロードができる。加えて、提供されている全てのデザインに対して品質テストが行われているため、「いざ作ってみたが失敗した」なんてことは起こらない。

また、MyMiniFactoryはデザイナーのコミュニティとしての役割を持つ。定期的にデザイナーの「腕試しイベント」が開催され、デザイナーはそれぞれのイベントのテーマごとに自身が持つ技術を最大限に発揮し、デザイン制作に奮起する。作品を紹介して名前を売ったり、デザインを販売して利益を得ることができるのだ。

4.コミュニティサイトとしても大活躍!

Cults

引用元のサイト:Cults

Cultsは3Dプリンター用のデザインをダウンロードができるサイトの中でも、人気が高まっているのサイトの1つである。利用者のコミュニティとしての顔も持ち、デザイナー同士で繋がりを深めることができる。 また、定期的にデザイナーの実力を試すイベントが開かれ、入賞者には3Dプリンターなどの豪華な景品が与えられる

肝心の3Dプリンター用のデザイン数は12万ほど用意され、他のサイトと比較すると有料のデザインが多いが、無料デザインも多く手に入る。ジャンルも幅広く、ガジェット系、アート系、ファッション系などさまざまである。

5.機械、自動車部品のデザイン多数!エンジニア向け

GRABCAD

引用元のサイト:GrabCAD

GrabCADは、機械や自転車の部品などの複雑なデザインを提供する、エンジニア向けのサイトである。そのため、日用品やフィギュアなどのデザインを求めて来るユーザーには向いていないかもしれない。ダウンロード可能な3Dプリンター用のデザイン数は9,900程度で他のサイトよりも少ないが、エンジニアによって作られたデザインが多く、1つ1つのクオリティは非常に高い。また、GrabCADは「デザインの作り方」のようなチュートリアル動画などを提供しているため、3Dデータ作成の勉強の場やアイデア発掘の場として活用ができる。

* * *

以上が、Sharelab(シェアラボ)編集部が選ぶSTLデータのダウンロードが可能なサイトである。他にも同様のサイトは数多く存在しているが、その中でも非常に優れていると思うサイトを厳選している。初めて3Dプリンターを使う人に限らず熟練の人まで、是非幅広く活用してもらいたい。

関連記事